FC2ブログ

だらだらさんぽ

写真とか、ゲームが好きです。とても好きです。面倒なことは、極端に嫌いです。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

グレイシア入り霰トリパ 

2012/06/12
Tue. 04:00

去年の末、私はこんなことを宣っております。

>実は、ポケモンBW、いわゆる第五世代になってから対人戦を一回もやったことないんです。

それ以降、心機一転してポケモン漬け。真摯に、また真剣にポケモンに対して取り組んで来ました。…というのはとんでもない大嘘で、私がお爺さんが木で作ったデク人形ならばみるみる内にお鼻ニョキニョキ、箸が100本ほど切り出せてしまえそうな勢いなのですけれども、とりあえず大嘘です。殆どポケモンはやらず、モンスターをハントしたり、鍵盤を叩いてお皿を回すゲームをしたりしておりました。

それで、去る1ヶ月程前にダブルバトルの大会が2つ程、非常に短いスパンで開催されまして、流石にそろそろと重い腰をヨッコラセと上げました。そして、孵化、育成という非常に過酷な、イチローのトレーニングより過酷な作業をこなしました。こうしてあの、ポケモン界一のものぐさを自称するスーパーものぐさボーイが、ついにポケモン界復帰を果たしたのであります。わー!ドンドン、ぱふぱふ!まぁ、ダブルバトルにはどちらも出場出来なかったんですが(やる気を出してから目標達成までおよそ1ヶ月)。

そんなわけで、今回は初めて作ったダブルバトルのPTの紹介です。今回は「霰トリパ」。グレイシアをどうしても使いたくて考えたパーティでもあります。その部分以外は一般的な霰トリパと殆ど違いませんし、今更語るまでもないですが、そろそろ某ブログ筆者のオッサン化が顕著であり、記事を書いている途中に「水曜どうでしょう」を見てガッハッハ!と笑い声を上げているうち、書こうと思った事を失念、といった事故が既に10回ほど発生していることから、このパーティのポケモン達の努力値配分などが忘れ去られるのも時間の問題なので、こうして記しておこうと思います。

モロバレル ユキノオー ブルンゲル シャンデラ グレイシア ズルズキン

ポケモン特性技1技2技3技4持ち物
モロバレルほうしギガドレインいかりのこなキノコのほうしみがわりくろいヘドロ
ユキノオーゆきふらしウッドハンマーふぶきこおりのつぶてまもるたつじんのおび
ブルンゲルのろわれボディしおふきシャドーボールトリックルームじこさいせいみずのジュエル
シャンデラもらいびねっぷうシャドーボールトリックルームまもるほのおのジュエル
グレイシアゆきがくれふぶきめざめるパワー地みがわりまもるいのちのたま
ズルズキンだっぴねこだましドレインパンチかみくだくまもるオボンのみ


モロバレル
モロバレル / なまいき
H221(252)-x-B115(198)-C105-D118(60)-S31
※真バトル奥義4の配分をお借りしました
・A205メタグロスの思念の頭突き確定耐え
・拘り眼鏡ラティオスの流星群確定耐え

 結構な感じで皆さんにトラウマを植え付けて来たであろう、「ウザ・オブ・ザ・ウザポケモン」。あまりのウザさに、「ウザ」が2回繰り出されるほど。その耐久は上記を見ても折り紙付きなのがハッキリと解ると思いますが、その耐久のおかげでキッチリと仕事を果たして尚生き残るといったことも可能です。
 コイツの最たる仕事はシャンデラ、またはモロバレルと並べてトリックルーム発動の補佐をする事。他に敵の攻撃を吸う技として「この指止まれ」があって、それを使う最たるポケモンにトゲキッスがいます。個人的にはこちらを使いたいんですが、トリパという形でトゲキッスのバラ撒く電磁波との相性が良く無い事と、このパーティに水の通りが良すぎるので結局こちらを採用。
 先に述べた通り耐久は相当の物ですが、火力には期待出来ません。茸の胞子をバラ撒いておくだけでもいいんですが、それでも尚、結構相手に無視されることがあって、その際に胞子を噴出するだけ噴出させておいて死ぬしか無いというのは可哀相なので、身代わりを搭載して、より一層ウザさのボリュームをアップさせる事にしました。

ユキノオー
ユキノオー / ゆうかん
H166(4)-A158(252)-B95-C144(252)-D105-S58
・H207-B133バンギラスをウッドハンマーで乱数1発(62.5%)
・H171-B100ボーマンダを威嚇無し氷の礫で確定1発

 "霰"トリパなので、このポケモンがいないと話になりません。仕事としては結構簡単で、水ポケモンの処理と、ふぶきをぶちかますことの2点。まぁ、ちょくちょく礫でのお掃除やドラゴンの処理などの雑用を任せる場合もありますが、基本はウッドハンマーかふぶきでムシャクシャしたジャイアンよろしく相手をボコスカ殴って行きます。
 ギガドレインでも良かったのですが、水ポケモンは大抵防御の方が低いですし、このパーティは全体的にバンギラスが厳しいので、物理技であるウッドハンマーで殴っていきます。一応、霰込みでほぼ持って行けるようになっているので、相手のパーティにバンギラスがいる場合は大事にして行きたいです。また、気合の襷という選択肢もあったのですが、ウッドハンマーとの相性が絶望的なので、達人の帯を持たせました。その結果バンギラスが落とせそうになったりしているので、悪く無い選択なのでは、と思っています。ただ、コロっと、本当にコロっと、アースジェットを噴射されたハエのように死んでしまう事も侭あるので、細心の注意を払わなければなりません。

ブルンゲル
ブルンゲル / れいせい
H207(252)-x-B98(60)-C143(198)-D125-S58
・C11n
・A187バンギラスの噛み砕く確定耐え

 トリックルームをするのが最大の仕事。ですが、トリックルーム後のジュエル潮吹きの威力はとてつもない威力を誇っているので、大事にしていきたいポケモンです。自己再生は連打することで呪われボディでチャンスが巡って来るのを待てますし、潮吹きの威力を再度上げる事も出来るので、守るを切ってでも入れる価値は十二分にあると思います。が、上手い塩梅で相手が呪われなかった場合は、自分の運を呪う事になるので、その辺に過度の期待はいけません。
 耐久面に関しては、H252振りだけで拘り眼鏡ラティオスの流星群を耐えるようなので、余った分は何も考えず殆どBに振りました。おかげでちょこっと攻撃に振ったぐらいのバンギラスの噛み砕くなら確実に耐えることが出来るので、多少の安心感を持ってトリックルームを選択することが出来ると思います。たまに噛み砕くではなく、岩雪崩を撃って来る相手もいて、「ムフー!威力低過ぎ!優勝!」とか思ってるうちに怯むといったような事故も引き起こしますので、やはり自分の運を呪う準備は忘れないようにしましょう。

シャンデラ
シャンデラ / れいせい
H167(252)-x-B111(6)-C216(252)-D110-S76
・H156-D130ラティオスをシャドーボールで乱数1発(87.5%)
・H186-D138メタグロスをねっぷうで確定1発

 シャンデラの魅力はやはりその火力にあると思っているので、何も考えずにHCに全振りしました。おかげで途方も無い火力を発揮してくれます。怖いラティオスは1発では葬ることは出来ないのですが、その辺は霰パーティということでカバーして行けるのではないかなぁ、という極めて適当なスタンスです。ブルンゲルの時もそうでしたが、ジュエルねっぷうやしおふきは結構バカにならない威力なので、例え片方が半減してくるタイプでも、耐久が低そうなら結構ガシガシ撃っていけるのが非常に精神的な余裕を持たせてくれるのが有り難いです。
 また、大事なトリックルーム要因でもあるのですが、元の素早さが結構高いため、トリックルーム下では行動順が遅めで、相手の低速ポケモンよりも行動順が遅くなってしまうこともあるのでその辺の見極めが大事になってきます。
 が、それを逆手にとって、相手に低速ポケモンが2匹並んだ時は普通に突っ込んで行くことも出来るので、性格はひかえめでもいいかな、と思いました。今思いました。

グレイシア
グレイシア / れいせい
H169(232)-x-B130-C200(252)-D118(26)-S63
・H10n-1, 4n+1
・H186-D138メタグロスを目覚めるパワーで確定2発

 このポケモンが使いたいがために考えた霰トリパですが、絶望的な選出し辛さを誇っている脅威のポケモン。命の玉を持っているので、トリックルーム下では火力もあって小回りも効きますが、如何せん耐久が丁度、本当に丁度絶望的なラインで、A187メタグロスやバンギラスの、コメットパンチ、ストーンエッジ等を丁度耐えない塩梅になっているのがなかなか凄まじい使い辛さ、そして絶望スメルを醸し出しています。
 理想としては、トリックルームターンが十二分に残った状態で繋いで、身代わり+雪隠れで相手の攻撃を上手に防ぎつつ、吹雪で相手を削って行きたいですが、先述の命の玉が自分にも結構重くのしかかって来ます。
 と、まぁ散々なのですが、こいつの吹雪をガシガシ当てていく快感はたまりませんし、身代わりを搭載することによって相手もコイツを放置しておくわけにもいかないので、隣の相棒が動きやすくなる、ということを意識して立ち回っていければなぁと考えています。

ズルズキン
ズルズキン / ゆうかん
H172(252)-A143(158)-B135-x-D148(100)-S56
・A11n
・拘り眼鏡ラティオスの流星群高乱数耐え(93.7%)

 補完的に入って来たモンスターで、ウルガモス恐怖症の私は最初はこの枠をハリテヤマにしようと思っていたのですが、そうなってくると、相手のシャンデラやクレセリアが非常に厳しいので、それらをタイプ一致悪技で殴る事も出来るこのポケモンが抜擢されました。
 また、だっぴという特性によって気休めですが状態異常対策も出来、特にウルガモス相手に恐れずに猫騙しを打って行ける辺りは使っていて非常に頼もしい存在です。そんな背景も有って、トリックルーム起動要因の相棒として先発でガンガン起用していける、非常に有り難いポケモンです。
 どうやら私はこのポケモンに全幅の信頼を置くようになったらしく、先発は大体ズルズキン+ゴーストポケモンどちらかという形です。信じられない回数の格闘ポケモン、というか、カポエラーとのコンニチハを産みますが、基本的にカポエラーの持っている技の殆どはトリックルームを張ろうとしているゴーストポケモンには通らないので、カポエラーホイホイとしての役割も担っているのかもしれません。もちろん、相手の先発に猫騙し持ちが存在しない場合は、こちらが猫騙しでガッツリ足止め出来るのも言わずもがな優秀です。もし、BW2で夢特性の威嚇が解禁されれば、更にこのパーティ向きになるかもしれませんので、今後にも期待したいです。

感想
モロバレルのほうし、ズルズキンのだっぴ、ブルンゲルののろわれボディ、グレイシアのゆきがくれ、と、運が絡む特性を持つポケモンが数多くいますが、あまり過度に期待せず、むしろユキノオーのゆきふらしと、シャンデラのもらいびをしっかり生かして行く事が大切だと思っています。ただ、運絡みの特性そのものが強いのもまた事実なので、例えば、ブルンゲルで自己再生を連打したり、グレイシアで身代わりを連打したり、という選択肢は念頭に置いておいても損は無いと思います。

こちらのやるべきことがハッキリ解っている分、非常に立ち回り、行動を決めやすい感じです。ただ、同時に相手にもこちらの戦法がバレバレということですので、その辺を考えて立ち回るなり、「トリックルームという技の存在を忘れていますように…!」と祈るなり、何らかの対処は必要だと思います。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://drdrsanpo.blog104.fc2.com/tb.php/30-49cdbb64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【グレイシア入り霰トリ】

去年の末、私はこんなことを宣っております。>実は、ポケモンBW、いわゆる第五世代になってから対人戦を一

まっとめBLOG速報 | 2012/11/21 05:33

page top

2018-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。