だらだらさんぽ

写真とか、ゲームが好きです。とても好きです。面倒なことは、極端に嫌いです。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

眼鏡ボルトロス入りスタン 

2012/06/23
Sat. 03:55

ボルトロスというポケモンがいます。このボルトロス、ご存知の通り特性がトンデモ無く優秀で、それ故に正直相手にすると滅茶苦茶鬱陶しいのですが、それとは別に、高い火力も兼ね備えています。素早さも丁度良い塩梅ですので、アタッカーとしての期待値も相当高い。ところが、技そのものの火力がもう一声!といった感じでちょっと耐久高い相手だと厳しい場面が散見されます。

結構多くの方がそういった背景に気が付かれたようで、中途半端な火力ならば捨ててしまおうという発想の元、おだやかボルトロスなんていうシロモノも最近増えて来ているようです。しかし、このボルトロスは発想が真逆で、中途半端な火力ならばアイテムで補って凄い火力にすればいいじゃないかという、脳味噌が筋肉というか、上腕二頭筋が脳味噌だった、みたいな考えに基づいて生み出されたシロモノです。おだやかボルトロスの太極の位置付けと言っても過言では無いと思います。

そういうわけで、眼鏡ボルトロスで相手をガシガシ殴りつつ、無理そうなヤツを周りで処理しようというシンプルな考えの元、組まれたパーティがこちらです。

Q. このパーティの欠点を答えなさい。

ボルトロス ハリテヤマ トリトドン シャンデラ シャンデラ バンギラス

A. いーっぱい!

却下!ボツ!解散!

というわけで、えーっと。スカーフシャンデラも入れて、高火力2体で敵を駆逐、怖いクレセリアやラティオス、相手のシャンデラ等バンギラスで駆逐、という餅を描いていたのですが、それが全く喰えないヤツで、想定していたその3体は良いものの、スカーフガブリアスというトンデモ物体にパーティを半壊に追い込まれてしまった事があって、それが本当にどうしようも無いことに気付いてしまったので、一部変更を検討、とりあえず下のような形になりました。

ボルトロス ハリテヤマ トリトドン シャンデラ クレセリア メタグロス

ポケモン特性技1技2技3技4持ち物
ボルトロスいたずらごころ10まんボルトめざめるパワー飛きあいだまとんぼがえりこだわりメガネ
ハリテヤマあついしぼうねこだましインファイトいわなだれまもるオボンのみ
トリトドンよびみずだいちのちかられいとうビームじこさいせいまもるリンドのみ
カットロトムふゆう10まんボルトリーフストームでんじはまもるたつじんのおび
クレセリアふゆうサイコショックこごえるかぜめざめるパワー炎でんじはエスパージュエル
メタグロスクリアボディコメットパンチバレットパンチしねんのずつきまもるラムのみ


ボルトロス
ボルトロス / おくびょう
H159(42)-A121-B90-C172(216)-D100-S179(252)
・H16n-1
・H187-D138メタグロスを10万ボルトで確定2発
・H157-D130カポエラーを目覚めるパワー飛行で確定1発
・特防1段上昇H191-D125ウルガモスを目覚めるパワー飛行で確定2発

 サンダーより速くて、ライコウと違って格闘や地面に耐性のある、イカしたヤツです。
 メインウェポンは10万ボルトと、タイプ一致である目覚めるパワー飛行を採用。飛行は非常に通りやすい技ですし、10万ボルトも地面タイプにさえ気をつければガンガン撃って行ける技ということで、これらで相手をガシガシ殴ってもらいます。
 ただ、メタグロスとクレセリアで脇を固める事を決めた段で、ガブリアス等4倍ドラゴンに非常に強くなる目覚めるパワー氷の採用も浮上してきました。とはいえ、飛行タイプを持つドラゴンには10万ボルトで結構なダメージが出るので、実質ガブリアスやフライゴン専用となる事を考えると少々もったいないので、結局その辺りはそトリトドンの冷凍ビームやロトムのリーフストーム、クレセリアの凍える風に任せる事にしました。
 3つ目の技は、堅いナットレイやナットレイやバンギラス、それに2つのメインウェポンを半減してくる岩地面、ジバコイル等を無理矢理殴るために気合玉にしています。ですが、命中率が絶望的なまでに不安定で、撃つ際に手が汗でじんわり湿ってしまったりするので、いっそ、バンギラスや岩地面だけを想定した草結びをチョイスしてしまったり、はたまたそういった輩は他のメンバーに一任して、放電で麻痺のバラ撒きを狙ってみてもいいと思います。特に、ロトムとトリトドンがいるため、放電を搭載するのは面白そうだなぁと思っています。


ハリテヤマ
ハリテヤマ / いじっぱり
H229(76)-A170(116)-B88(60)-x-D112(252)-S71(6)
・C182眼鏡ラティオスの拘り眼鏡流星群確定1発耐え(≒C216シャンデラのシャドーボール確定2発耐え)
・A187メタグロスの思念の頭突き確定1発耐え
・H191-B86ウルガモスを岩雪崩で乱数1発(31.3%)

 最初に、ウルガモスが怖かったために採用を決めたポケモン。全体的に炎タイプに弱いポケモンが多いので、耐久にガッツリ降って、厚い脂肪によってしっかりブロックして貰います。氷に対しても強く、ひたすら吹雪をぶっ放してくる怖い相手にも、手痛い一撃を喰らわせる事が出来る、素敵なスモウレスラーです。インファイトで耐久が下がってしまうのが少し残念ですが、それでもオボンを持つ事によって十二分な耐久を見せてくれます。
 火力が少し足らない面もあるのですが、そこは格闘タイプ+岩タイプという優秀な攻撃タイプでカバー。格闘タイプ全般に言える事ではあるのですが。

トリトドン
トリトドン / ひかえめ
H218(252)-x-B102(108)-C127(28)-D117(116)-S60(6)
・C182ラティオスの眼鏡流星群確定1発耐え(≒C216シャンデラのシャドーボール確定2発耐え)
・A205メタグロスの思念の頭突き確定2発耐え

 水タイプに対する牽制と、メタグロスの処理、氷4倍のドラゴンの相手などをしてもらいます。雨ハイドロは本当に恐ろしい技ですので、雨パが到来した時はこのポケモンの選出をほぼ強制されているような物で、相手もそれを見越してルンパッパを選出してくる、というパターンが非常に多くなるのですが、草タイプに関してはボルトロスの目覚めるパワー飛行で処理していけるので、非常に相性のいいポケモンだと思っています。

シャンデラ
ロトム / おだやか
H157(252)-B127(6)-C150(196)-D144(28)-S110(28)
・H218-D117のトリトドンをリンド込みで確定1発
・C178ボーマンダの大文字確定1発耐え
・C161までの抜群目覚めるパワー確定2発耐え

 相手のウォッシュロトムが非常に怖かったので、ドラえもんにネズミを宛てがうかの如く抜擢されたポケモン。相手のトリトドンも厄介な存在だったので、それを一撃で葬り去ってしまえるカットロトムは非常に便利だとと思っています。トルネロスと一緒に水ポケモン全般の処理も任せたいので、達人の帯を持たせて、抜群をとれた際の電気技の威力も強化しています。もちろん、抜群リーフストームの威力も強化出来ていて、バンギラスにもそれなりのダメージを与えられるのは非常に心強いです。
 やる事が無い時は電磁波をバラ撒くのが仕事ですが、めざめるパワー氷を持たせて、ガブリアスに厚くしてもいいのでは無いかと思っています。

クレセリア
クレセリア / ひかえめ
H219(190)-x-B140-C132(200)-D150-S120(120)
・C11n
・S1段階下降111族抜き
・サイコショック(ジュエル有り)でH157-B115カポエラーを高乱数1発(93.8%)
・凍える風でH209-D105ガブリアスを確定2発
・A200ガブリアスのドラゴンクロー乱数3発耐え(79.1%)

 ガブリアスを抑え込むために抜擢されたポケモン。凍える風のダメージで半分程度削る事が出来ますし、電磁波が効かずとも機動力を削ぐ事が出来るのがやはり優秀です。スカーフガブリアスの恐怖は完全に払拭されたわけではありませんが、スカーフガブリアスのA最高値は200であり、そのガブリアスのドラゴンクローに関しては確実に2発は耐える事が出来るので、一定の確実性を持って処理することが可能だと思っています。
 また、めざめるパワー炎でナットレイを殴って行けるので、ハリテヤマと一緒に処理を任せるようにしています。

メタグロス
メタグロス / いじっぱり
H187(252)-A187(116)-B151(6)-Cx-D125(124)-S92(12)
・A11n
・C125ゴウカザルのオーバーヒート乱数1発耐え(93.7%)

 格闘ポケモン、ラティオス、バンギラス、クレセリア辺りをぶち殺すために、スイス銀行に莫大なお金を払って雇ったポケモンです。元々この枠は上記の通りバンギラスで、シャンデラを殺す役割を兼ねていたのですが、こちらはシャンデラには非常に弱いポケモンなので、こう、なんか、上手く立ち回る必要があると思っています。
 C216シャンデラの熱風は、強化アイテム無し、且つダブルダメージだと1発は確実に耐えるようなので、いっそシャンデラをより積極的に殴れるように地震等を持たせるのもアリかな、と考えています。また、その際はハチマキの採用も視野に入れていいと思います。

感想
バンギラスが居なくなったため、シャンデラがかなり厳しくなったのですが、ボルトロスの攻撃は全体的に通りますし、トリトドン、ハリテヤマ辺りもそれなりに相手の攻撃を耐えて、通る攻撃を撃ち込んで行けるので、その辺りを上手に立ち回るべきだと思っています。

また、以前はスカーフガブリアスに全く歯が立たずに殺されていたのですが、クレセリアを入れたことによって、幾分か対応がしやすくなりました。また、電磁波はご存知の通り地面タイプのポケモンには効かないのですが、ふゆう且つ、地面タイプに抜群のとれる技を持つ2体のポケモンで電磁波を撒いているため、地面に対する抑止力が働くのもなかなか良い点だと思っています。せっかくなので、もう少し地面タイプに強いポケモンを用意したり、トリトドンに熱湯や濁流を搭載して地面に更に厚くしてみてもいいのかな、と思っています。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 1
TB: 1

page top

グレイシア入り霰トリパ 

2012/06/12
Tue. 04:00

去年の末、私はこんなことを宣っております。

>実は、ポケモンBW、いわゆる第五世代になってから対人戦を一回もやったことないんです。

それ以降、心機一転してポケモン漬け。真摯に、また真剣にポケモンに対して取り組んで来ました。…というのはとんでもない大嘘で、私がお爺さんが木で作ったデク人形ならばみるみる内にお鼻ニョキニョキ、箸が100本ほど切り出せてしまえそうな勢いなのですけれども、とりあえず大嘘です。殆どポケモンはやらず、モンスターをハントしたり、鍵盤を叩いてお皿を回すゲームをしたりしておりました。

それで、去る1ヶ月程前にダブルバトルの大会が2つ程、非常に短いスパンで開催されまして、流石にそろそろと重い腰をヨッコラセと上げました。そして、孵化、育成という非常に過酷な、イチローのトレーニングより過酷な作業をこなしました。こうしてあの、ポケモン界一のものぐさを自称するスーパーものぐさボーイが、ついにポケモン界復帰を果たしたのであります。わー!ドンドン、ぱふぱふ!まぁ、ダブルバトルにはどちらも出場出来なかったんですが(やる気を出してから目標達成までおよそ1ヶ月)。

そんなわけで、今回は初めて作ったダブルバトルのPTの紹介です。今回は「霰トリパ」。グレイシアをどうしても使いたくて考えたパーティでもあります。その部分以外は一般的な霰トリパと殆ど違いませんし、今更語るまでもないですが、そろそろ某ブログ筆者のオッサン化が顕著であり、記事を書いている途中に「水曜どうでしょう」を見てガッハッハ!と笑い声を上げているうち、書こうと思った事を失念、といった事故が既に10回ほど発生していることから、このパーティのポケモン達の努力値配分などが忘れ去られるのも時間の問題なので、こうして記しておこうと思います。

モロバレル ユキノオー ブルンゲル シャンデラ グレイシア ズルズキン

ポケモン特性技1技2技3技4持ち物
モロバレルほうしギガドレインいかりのこなキノコのほうしみがわりくろいヘドロ
ユキノオーゆきふらしウッドハンマーふぶきこおりのつぶてまもるたつじんのおび
ブルンゲルのろわれボディしおふきシャドーボールトリックルームじこさいせいみずのジュエル
シャンデラもらいびねっぷうシャドーボールトリックルームまもるほのおのジュエル
グレイシアゆきがくれふぶきめざめるパワー地みがわりまもるいのちのたま
ズルズキンだっぴねこだましドレインパンチかみくだくまもるオボンのみ


モロバレル
モロバレル / なまいき
H221(252)-x-B115(198)-C105-D118(60)-S31
※真バトル奥義4の配分をお借りしました
・A205メタグロスの思念の頭突き確定耐え
・拘り眼鏡ラティオスの流星群確定耐え

 結構な感じで皆さんにトラウマを植え付けて来たであろう、「ウザ・オブ・ザ・ウザポケモン」。あまりのウザさに、「ウザ」が2回繰り出されるほど。その耐久は上記を見ても折り紙付きなのがハッキリと解ると思いますが、その耐久のおかげでキッチリと仕事を果たして尚生き残るといったことも可能です。
 コイツの最たる仕事はシャンデラ、またはモロバレルと並べてトリックルーム発動の補佐をする事。他に敵の攻撃を吸う技として「この指止まれ」があって、それを使う最たるポケモンにトゲキッスがいます。個人的にはこちらを使いたいんですが、トリパという形でトゲキッスのバラ撒く電磁波との相性が良く無い事と、このパーティに水の通りが良すぎるので結局こちらを採用。
 先に述べた通り耐久は相当の物ですが、火力には期待出来ません。茸の胞子をバラ撒いておくだけでもいいんですが、それでも尚、結構相手に無視されることがあって、その際に胞子を噴出するだけ噴出させておいて死ぬしか無いというのは可哀相なので、身代わりを搭載して、より一層ウザさのボリュームをアップさせる事にしました。

ユキノオー
ユキノオー / ゆうかん
H166(4)-A158(252)-B95-C144(252)-D105-S58
・H207-B133バンギラスをウッドハンマーで乱数1発(62.5%)
・H171-B100ボーマンダを威嚇無し氷の礫で確定1発

 "霰"トリパなので、このポケモンがいないと話になりません。仕事としては結構簡単で、水ポケモンの処理と、ふぶきをぶちかますことの2点。まぁ、ちょくちょく礫でのお掃除やドラゴンの処理などの雑用を任せる場合もありますが、基本はウッドハンマーかふぶきでムシャクシャしたジャイアンよろしく相手をボコスカ殴って行きます。
 ギガドレインでも良かったのですが、水ポケモンは大抵防御の方が低いですし、このパーティは全体的にバンギラスが厳しいので、物理技であるウッドハンマーで殴っていきます。一応、霰込みでほぼ持って行けるようになっているので、相手のパーティにバンギラスがいる場合は大事にして行きたいです。また、気合の襷という選択肢もあったのですが、ウッドハンマーとの相性が絶望的なので、達人の帯を持たせました。その結果バンギラスが落とせそうになったりしているので、悪く無い選択なのでは、と思っています。ただ、コロっと、本当にコロっと、アースジェットを噴射されたハエのように死んでしまう事も侭あるので、細心の注意を払わなければなりません。

ブルンゲル
ブルンゲル / れいせい
H207(252)-x-B98(60)-C143(198)-D125-S58
・C11n
・A187バンギラスの噛み砕く確定耐え

 トリックルームをするのが最大の仕事。ですが、トリックルーム後のジュエル潮吹きの威力はとてつもない威力を誇っているので、大事にしていきたいポケモンです。自己再生は連打することで呪われボディでチャンスが巡って来るのを待てますし、潮吹きの威力を再度上げる事も出来るので、守るを切ってでも入れる価値は十二分にあると思います。が、上手い塩梅で相手が呪われなかった場合は、自分の運を呪う事になるので、その辺に過度の期待はいけません。
 耐久面に関しては、H252振りだけで拘り眼鏡ラティオスの流星群を耐えるようなので、余った分は何も考えず殆どBに振りました。おかげでちょこっと攻撃に振ったぐらいのバンギラスの噛み砕くなら確実に耐えることが出来るので、多少の安心感を持ってトリックルームを選択することが出来ると思います。たまに噛み砕くではなく、岩雪崩を撃って来る相手もいて、「ムフー!威力低過ぎ!優勝!」とか思ってるうちに怯むといったような事故も引き起こしますので、やはり自分の運を呪う準備は忘れないようにしましょう。

シャンデラ
シャンデラ / れいせい
H167(252)-x-B111(6)-C216(252)-D110-S76
・H156-D130ラティオスをシャドーボールで乱数1発(87.5%)
・H186-D138メタグロスをねっぷうで確定1発

 シャンデラの魅力はやはりその火力にあると思っているので、何も考えずにHCに全振りしました。おかげで途方も無い火力を発揮してくれます。怖いラティオスは1発では葬ることは出来ないのですが、その辺は霰パーティということでカバーして行けるのではないかなぁ、という極めて適当なスタンスです。ブルンゲルの時もそうでしたが、ジュエルねっぷうやしおふきは結構バカにならない威力なので、例え片方が半減してくるタイプでも、耐久が低そうなら結構ガシガシ撃っていけるのが非常に精神的な余裕を持たせてくれるのが有り難いです。
 また、大事なトリックルーム要因でもあるのですが、元の素早さが結構高いため、トリックルーム下では行動順が遅めで、相手の低速ポケモンよりも行動順が遅くなってしまうこともあるのでその辺の見極めが大事になってきます。
 が、それを逆手にとって、相手に低速ポケモンが2匹並んだ時は普通に突っ込んで行くことも出来るので、性格はひかえめでもいいかな、と思いました。今思いました。

グレイシア
グレイシア / れいせい
H169(232)-x-B130-C200(252)-D118(26)-S63
・H10n-1, 4n+1
・H186-D138メタグロスを目覚めるパワーで確定2発

 このポケモンが使いたいがために考えた霰トリパですが、絶望的な選出し辛さを誇っている脅威のポケモン。命の玉を持っているので、トリックルーム下では火力もあって小回りも効きますが、如何せん耐久が丁度、本当に丁度絶望的なラインで、A187メタグロスやバンギラスの、コメットパンチ、ストーンエッジ等を丁度耐えない塩梅になっているのがなかなか凄まじい使い辛さ、そして絶望スメルを醸し出しています。
 理想としては、トリックルームターンが十二分に残った状態で繋いで、身代わり+雪隠れで相手の攻撃を上手に防ぎつつ、吹雪で相手を削って行きたいですが、先述の命の玉が自分にも結構重くのしかかって来ます。
 と、まぁ散々なのですが、こいつの吹雪をガシガシ当てていく快感はたまりませんし、身代わりを搭載することによって相手もコイツを放置しておくわけにもいかないので、隣の相棒が動きやすくなる、ということを意識して立ち回っていければなぁと考えています。

ズルズキン
ズルズキン / ゆうかん
H172(252)-A143(158)-B135-x-D148(100)-S56
・A11n
・拘り眼鏡ラティオスの流星群高乱数耐え(93.7%)

 補完的に入って来たモンスターで、ウルガモス恐怖症の私は最初はこの枠をハリテヤマにしようと思っていたのですが、そうなってくると、相手のシャンデラやクレセリアが非常に厳しいので、それらをタイプ一致悪技で殴る事も出来るこのポケモンが抜擢されました。
 また、だっぴという特性によって気休めですが状態異常対策も出来、特にウルガモス相手に恐れずに猫騙しを打って行ける辺りは使っていて非常に頼もしい存在です。そんな背景も有って、トリックルーム起動要因の相棒として先発でガンガン起用していける、非常に有り難いポケモンです。
 どうやら私はこのポケモンに全幅の信頼を置くようになったらしく、先発は大体ズルズキン+ゴーストポケモンどちらかという形です。信じられない回数の格闘ポケモン、というか、カポエラーとのコンニチハを産みますが、基本的にカポエラーの持っている技の殆どはトリックルームを張ろうとしているゴーストポケモンには通らないので、カポエラーホイホイとしての役割も担っているのかもしれません。もちろん、相手の先発に猫騙し持ちが存在しない場合は、こちらが猫騙しでガッツリ足止め出来るのも言わずもがな優秀です。もし、BW2で夢特性の威嚇が解禁されれば、更にこのパーティ向きになるかもしれませんので、今後にも期待したいです。

感想
モロバレルのほうし、ズルズキンのだっぴ、ブルンゲルののろわれボディ、グレイシアのゆきがくれ、と、運が絡む特性を持つポケモンが数多くいますが、あまり過度に期待せず、むしろユキノオーのゆきふらしと、シャンデラのもらいびをしっかり生かして行く事が大切だと思っています。ただ、運絡みの特性そのものが強いのもまた事実なので、例えば、ブルンゲルで自己再生を連打したり、グレイシアで身代わりを連打したり、という選択肢は念頭に置いておいても損は無いと思います。

こちらのやるべきことがハッキリ解っている分、非常に立ち回り、行動を決めやすい感じです。ただ、同時に相手にもこちらの戦法がバレバレということですので、その辺を考えて立ち回るなり、「トリックルームという技の存在を忘れていますように…!」と祈るなり、何らかの対処は必要だと思います。

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

スカーフランドロス 

2011/12/19
Mon. 10:35

ボルトロス、トルネロスと考察してきたので、あまり気が進みませんがランドロスの考察をしようと思います。気が進まない理由としては諸々あるんですが、最たる理由は、調整を考えるために色々計算して行く内、尋常じゃなく中途半端なポケモンのように思えてきてしまったことが原因です。まぁ、考察を始める前は凄まじいポテンシャルを秘めたポケモンだと何故か盲信していて、自分の中で勝手に切り札みたいな感じで祭り上げていた節があって、それが思った程の実力が無かったからと言って、これまた勝手にガックリ、「失望した!後お前の髪型ダサい!」等と勝手に宣うというのもランドロスに対して非常に失礼な話なのですが、それにしても色々と、後一歩といった感じで物足りない部分が多いのもこれまた事実なのであります。全体的な種族値としてはかなり高いはずなのに残念だと感じる理由が3つほどあるので、それを踏まえた上で考察を進めていきたいと思います。

まずは、コイツが微妙な3つの理由。

1.飛行タイプのマトモな技をてんで覚え無い。
まぁ、ランドロスとしても「"ランド"つってんだろ!地面なんだよ地面!俺は地面を司る神なんだから相反する飛行タイプの技覚えるわけ無いだろこのオタンチン!」という感じだとは思うんですが、それにしても酷い。そもそも空を飛ぶと目覚めるパワーしか覚え無いので、実質目覚めるパワー一択です。そこまでタイプ一致に拘らなくても良いではないかと思われるかもしれませんが、そうもいかず、コイツのタイプ相性的にガンガン格闘タイプに出て行きたいんですよね…。出て行った所で、こっちから向こうを全く殴れないので話になりませんし、ローブシンなんかが相手だと逆にドレインパンチで美味しく頂かれちゃう可能性すら出て来ます。まぁあの血管モリモリジジィの火力じゃ異常というのもあるんですが、こっちの物理耐久も悪くは無いはずなのに成す術無し、というのは余りにも酷い。

2.特殊面への耐久面、というかタイプ相性が絶望的。
特に、ドラゴン対策である氷技であっさり昇天されてしまうのが大問題ですし、雨パも多いこのご時世、タイプ一致の波乗り、下手すりゃ熱湯あたりでもコロリです。数値的にはグライオンより特殊耐久はあるんですが、結局焼け石に水といった感じで、別に確定数がどうこうなるわけではあまり無さそうです。しかも氷技なんていうのはドラゴン、特にガブリアス相手に撃つ事を想定して仕込まれてるのが大半ですので、素の時点でガブリアスより大分特殊耐久の劣るコイツでは最早成す術無し、嗚咽を漏らしながら死んで行くしかない、というのが実状です。

3.ガブリアスより1だけ素早さ種族値が低い。
これが最大の問題で、例え地震を読んで出て行っても普通にやってると結局逆鱗だか何だかでぶち殺されてしまいます。しかし、対ガブリアス性能なんてのはあまり問題では無くて、先程挙げた「氷タイプで死ぬ」という問題がこのガブリアスより1遅い素早さと組み合わさる事によって絶望的な状況を作り出します。要するに、「ガブリアスをブチ抜いて氷技でぶっ殺そう」とかいう頭悪いことを考える輩はこの世にわんさかいたりするのですが、そいつらが丸ごとランドロスにも刺さってきてしまうのです。なんて言ってる間に冷凍ビームですよ、あ~あ、トップメタの辛いとこね、これ。って感じです。まぁ、コイツ自身はトップメタでも何でも無いというのが本当に一番悲しむべき所なんですけれども。

なんで、その微妙な辺りをなんとか出来るように、凄い際どい使い方をして行きたいと思います。

ランドロス
やんちゃ @ 拘りスカーフ
地震 / 目覚めるパワー飛行 / とんぼ返り / 岩雪崩orアームハンマーor草結びor逆鱗or大爆発
理想個体値 : 31-31-31-30-30-30
H166(12)-A188(204)-B111(6)-C141(48)-D90-S151(240)
・H252B4バンギラスを砂の力+地震で確定1発。
・実数値H201B103ガブリアスを地震で乱数2発。(51.6%)
・補正有りH252B252メタグロス地震で確定2発。
・H252B4ニョロトノを地震で確定2発。
・H4キングドラを地震で確定2発。
・H4D252ローブシンを目覚めるパワー飛行で確定2発。
・H4ラティオスをとんぼ返りで確定2発。
・H252B4ユキノオーをとんぼ返りで乱数2発。(84.8%)
・無補正C252ラティオスの流星群で乱数1発。(75%)
・無補正A252珠バシャーモのフレアドライブ確定耐え。
・補正有りA252オノノクスの逆鱗確定耐え。
・補正有りC252ユキノオーのギガドレインを乱数2発耐え。(28.9%)
・C4ヤドランの波乗り確定耐え。
・最速スカーフヘラクロス抜き。

ガブリアスより遅くてどうにもならないことをカバーするためにスカーフを持たせ、格闘を倒す為に目覚めるパワー飛行を持たせることにしました。スカーフととんぼ返りの相性もいいですし、それを上手く使う事によって、苦手な氷から逃げることも可能となっています。後、やはりとんぼ返りを使う以上ラティオス・アスを抜いておきたかったというのも有ります。おかげで、ラティアス相手でもHPにぶっぱでもしていない限り、大体半分ぐらい削って行く程度の火力を得る事が出来ました。ただ、その見返りとして、氷にはとことん弱くなってしましましたが、特攻をこれ以上下げると目覚めるパワーで確定2発に出来る格闘がガクっと減ってしまうので、苦肉の策、という形です。

素早さは最速スカーフヘラクロスまで抜いています。最近減って来てはいるヘラクロスですが、やはり格闘ポケモンのスカーフと言えば最もメジャーなのはコイツでは無いかと思いますし、これだけ振れば雨さえ降っていなければ、最近ミラーマッチ意識で増えているという、噂を、耳にする事が、無いことも、無くは、無い、最速スカーフキングドラからもキッチリ逃げることが出来ますので、悪く無い早さでは無いかと思います。スカーフガブリアスも火力を確保するため、意地っ張りへラクロス抜きの138であったりだとか、それを意識したウルガモスが素早さを139にしているのに対応するために140にしたりすることが結構メジャーらしいので、それを意識した氷タイプ持ちなんかからもこれまたキッチリ逃げることが出来ます。逃げる逃げると非常に弱気なことを述べているようですが、コイツのとんぼ返りの威力は馬鹿に出来ないので、戦略的撤退、という風に捉えていただけると私もランドロスも笑顔になることが出来ます。何卒よろしくお願いします。

技3つはほぼ確定なのですが、残り一枠はパーティと相談、という当たり障り無い言葉でお茶を濁しておきます。というのも、私も最後の一枠はかなり決めあぐねているからです。一応以下にメモ書き程度に用途を書き記しておきます。

・岩雪崩 : 砂嵐下ではそれなりの火力。けれど相手の砂パに出すと考えた時は撃つ相手が居ない。スカーフなので、ワンチャンを狙えない事も無い。サンダー、トルネロスにはこれ位しか無い。
・アームハンマー : 風船ヒードランピンポイント感は強い。ただ無い場合手も足も出ない。
・草結び : 砂対策と考えた時に、カバルドンへの打点になる。
・逆鱗 : 逆鱗と地震でかなりの範囲を対応可能。ただ、ガブリアスでやれ、という感は強い。また、キングドラ程度でも確定1発に出来ない。FCロトムへの数少ない有効打。
・大爆発 : スカーフからの大爆発のおかげで、常にコイツを残す意味は出来る。ただ弱体化により、H252B4ユキノオー位からもう既に超低乱数(6.3%)。一応H252振りFCロトム共に8割以上入れることも出来る。

この技構成、残り一枠に何を入れても浮いてる鋼がどうしようも無いのですが、他の苦手なヤツを最悪どうにかできる大爆発辺りが選択肢に入るかな、と個人的には考えています。もしくは、逆鱗。そうで無いと浮いている電気に何も出来ません。向こうのボルトチェンジを読んで登場、そこからとんぼ返り、というのは非常に強いとは思います。

運用方法ですが、とんぼ返りがそもそも強いのでそれなりにスタンパ相手にも出て行ける感じではありますが、砂パ対策の意味合いは強いと思います。特にバンギラスには強いですし、最近結構存在しているらしいスカーフバンギラスとかいう存在も抜き去って適当にあしらえますので、対砂だけを見れば当初期待していた程じゃない物の、まぁそれなりにポテンシャルを発揮出来るようです。「ガブリアスでいい」とかいう巷の噂もありますが、こちらはローブシンを殺せるっぽいのでそれでいいかな、みたいな、まぁ、そんなん。

というわけで、コイツの体に纏わり付いている不思議な物体を見ていたら、無性にタコの唐揚げが食べたくなって来たので今回はこの辺で。ランドロスを考察することによって、ガブリアスの強さを再認識することが出来ました。本当にありがとうございましたというか、ランドロスさん、本当に有り難う御座いました、ガブリアスさん、これからも宜しくお願いします。というわけでガブリアスさんを考察します。ガブリアス、強い。ガブリアス、最強。以上。解散!(豊穣の社から離脱しながら(まぁコイツのこれはこれで強いと信じていますが(というフォロー(を、しとけってお母さんに言われました))))

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

物理トルネロス 

2011/12/18
Sun. 05:56

たった1日前、自分でもよく解らないボルトロスの配分を考え、厳選を終えました。このままの勢いでトルネロスの配分も考え、厳選を終わらせようと躍起になっています。ランドロスも厳選したいので、徘徊の方で乱数調整を行っているのですが、オフセットが雨で400進むとか進まないとか京都がめっちゃ寒いとかカーペットが私の重いお尻でヘビーボンバーされてぺちゃんこでフローリングの冷たさが伝わって来て今日だけで8回トイレに行ったとかで全然捗っていません。なので厳選中に配分を忘れて後から首をかしげ過ぎてバッキバキ、複雑骨折で入院、看護士さんとロマンス、なんてことに、ならないように、気を付けようと、思い、いや、ちょっとロマンスしたい。

トルネロス
ようき @ 飛行のジュエル
アクロバット / アームハンマー / とんぼ返り / 追い風or挑発or身代わり
理想個体値 : 31-31-31-31-31-31
H157(20)-A164(228)-B91(4)-C130-D101(6)-S179(252)
・H4ラティオスを飛行のジュエル+アクロバットで乱数1発。(93.8%)
・補正有りH252B252ルンパッパを飛行のジュエル+アクロバットで確定1発。
・補正有りH252B252ローブシンを飛行のジュエル+アクロバットで乱数1発。(37.5%)
・H252B4ユキノオーをアクロバットで確定一発。
・H252B4バンギラスをアームハンマーで乱数1発。(56.3%)
・H252ヒードランをアームハンマーで確定2発。
・無補正C252ラティオスの流星群を乱数耐え。(50%)

もう殆ど調整と言えるのか解らない位、攻撃にガッツリ振ったトルネロスです。よくボルトロスより使えないだの、ボルトロスより役割が持てないだの、ボルトロスより肌の色がキモいだの、イカのゲソみたいなものが体に纏わり付いてるだのと散々言われるトルネロスですが、やはりこの素早さ、攻撃から繰り出されるアクロバットは特筆すべき物があります。飛行のジュエルを持ってアクロバットをすることのメリットは単純に威力が高まるということ以外にもう一つあると思っていて、他のモンスターの持ち物と被らないというのがメリットだと思っています。

で、件のジュエルアクロがキモになってくるわけですが、H4ラティオスを確定一発にしようとすると攻撃にほぼ全振りになってしまいます。それでもいいんですが、スカーフを持ってる変な輩に一発シバかれて終わるという悲しい事が起きないように、一応少しだけ耐久に振って、確実性は無い物のワンチャンは残す形にしています。本当はもう少し格闘に出て行く機会を増やすためにもっと耐久に振ってもいいのかもしれませんが、とんぼ返りの威力を出来るだけ上げるという意味でも攻撃はここまで落とすのが限界でした。上記の計算の対象に、防御特化ローブシンとかいう意味の解らない物体が挙っていますが、あくまでも目安で、まぁ大抵の格闘はジュエルさえ残していればほぼ葬り去れるということの現れとなっています。その事からも解るように、ジュエル消費後も威力110の安定した飛行技としての性能は残るとは言え、ジュエルアクロがコイツを運用する上での大前提となっていることは明白ですので、撃ちたい相手にキッチリとジュエルアクロを撃ち込んで行けるような立ち回りが必要となってきます。と、さも不特定多数の人間に宛てたように書きつつ、ヘッポコ立ち回りを全国500万のポケモントレーナーの皆さんへ披露するであろう自分への戒めとしておきます。尚500万という数字は特に意味は無く、どこから導き出したのか不明です。

後、アームハンマー、とんぼ返りに関してですが、強化アイテムの恩恵を受けない都合上、思ったより大した威力では無いということを意識しておかなければなりません。具体的にはH252B4ってだけのバンギラスで五分五分より多少マシというぐらいの乱数ですので、あんまり積極的に殴って行くような立ち回りは出来ません。鋼タイプのポケモンに対しても、H252ヒードランでなんとか確定2発という程なので、高い物理耐久の鋼タイプには太刀打ちできそうにもありません。グロス、ハッサム相手では逃げざるを得ないでしょう。

一応、鋼が大抵特防の方が低いことを意識しての気合玉という選択肢も考えたのですが、道具無し、下降補正無振りのタイプ不一致気合玉では、いくら元の特攻が高いとは言え厳しいものがありますので、ここは少しでもバンギラスへの負担が大きくなる様アームハンマーという結論に至りました。まぁ、バンギラス相手だととんぼ返りで1~2回程「ひいー」といって逃げておけばその後続が運悪く落とされてしまってももう一度コイツを出して処理出来たりしますので、少なくとも気合玉を外してトルネロス昇天、シズル失禁という最低の事態だけは免れる事が出来ると思います。とんぼ返りの仕様感としては、抜群相手だと、H252B4バンギラスに32.8%~38.6%、H4サザンドラに42.8%~51.1%ぐらい喰らっていて、まぁ等倍相手でもこれぐらいの耐久のヤツら相手に2割程削っていけるので、おりあえず悩んだら撃っとくぐらいの感じでゴリゴリやっていっていいと思います。それぐらいコイツのとんぼ返りは重要だと考えてます。追い風とも相性が非常に良いので、その辺適当にやってても後続にとって美味しい事尽くめで、本当になんというか、お腹、もとい心に優しいというか、味方に優しいポケモンだと思います。シングルでも追い風が充分実用範囲になったのもコイツにとっては追い風だと思います!(50回ほど笑うところ)

というわけで、こんな感じで使っていこうと思います。正直滅茶苦茶頭を悩ませたボルトロスより凄い強そうなので、なんか悔しいです。こういう経緯でコイツがボルトロスサイドから叩かれて人気が無いのではないかという推測を立て、勝手にポケモン界の黒い一面を見た所で今日はおしまい。解散!方向性も決まったところですぐ捕まえてやるから、トルネロス、待っトルネ~!(このギャグで2012年お笑い会に興奮の渦を巻き起こそうと思います。トルネードだけに☆v(^_^)v(一同爆笑)(暗転))

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

命の珠ボルトロス 

2011/12/17
Sat. 02:18

2011年12月16日、公式にボルトロス、トルネロスの配布が開始されました。

私は一応ホワイト・ブラック両方のロムを買いましたので、伝説の厳選に関しては結構安心し切っていた所があって、その安心感から適当にストーリーを進めていたんですが、発売日の夜ぐらいの色々と情報が無い状態の時に「何かイベント起こった。雨ヤバい。オッペケペー。オーザックボリボリ」とか言ってたらボルトロスが飛び去って唖然、急いでリセットするも既に小屋の中でセーブしており発狂、という具合に完全に『やらかして』しまったわけです。そこからはもう、各ロムに対応した種族1体のみしか出現しない仕様であることを知って号泣、急いで検索をして、HGSSでは徘徊ポケモンはチャンピオン前でセーブして乱数調整が出来ることを知って安心、ところがBWでは戦闘中に乱数消費されるとかでそれが出来ない事が判明して失禁、ここ最近イタリア版ホワイトのロムを購入してまた安心、その直後配信されることを知って嗚咽、クレジットカードが乱数2発ぐらいのダメージを被ってしまったので、最近は毎日お茶漬けサラサラといった具合です。

それで、です。鮭茶漬けが飽きたとかいう話はもう置いておくとして、何はともあれ念願のボルトロスを手に入れる運びとなりましたが、ここでしっかり厳選しないと後々泣きを見る事は明々白々です。それを踏まえて、ボルトロスの運用方法をしっかりと考えた上で、それに見合った性格、目覚めるパワーでの厳選が必要になってきます。というわけで、前置きが長かったですが、この記事ではボルトロスの調整について考えていきます。

まず、ボルトロスと言えば…?と考えた時に、やはり最初に挙るのは帯ボルトロスでしょうか。その中でもメジャーなのは、とりあえずコイツを意識しておけば問題無いと言われる、スーパーウルトラファイナルメタられ可哀想ポケモン、ガブリアスを意識した調整では無いでしょうか。実数値でH201、D106のガブリアスを帯込みめざめるパワー氷で確定1発に出来るようにC166になるまで振った型がメジャーかな、といった印象です。

目覚めるパワー飛行も格闘相手に強気に出して行ける強みも有りますし、何よりタイプ一致なので撃っとけばとりあえず強いみたいな所はあります。特に、キノガッサとかいう変な粉を飛ばして来る滅茶苦茶気持ち悪い害悪生物を葬りさって一安心出来るというのは、精神的にとんでもないアドバンテージではあるんですが、やはりガチ環境でどちらの仕様率が高いかと言えばガブリアスですし、パーティにガブリアスを抜けるヤツがわんさか居ることも滅多に無さそうなので、やはりそこを意識しておくのが妥当と考えます。

ですが、ここで怖いのがスカーフガブリアスの可能性です。中にはC166帯ボルトロスのめざ氷確定耐えとかいう頭のアレな輩もいるようですが、突破力を落としてそんなことをしてくる阿呆は無視して、スカーフガブリアスの怖さだけを少し考えた調整にしてみます。

ボルトロス
おくびょう @ 命の珠
10万ボルト / 目覚めるパワー氷 / とんぼ返り / 気合玉or挑発or電磁波
理想個体値 : 31-30-30-31-31-31
H167(100)-A120(6)-B97(56)-C157(92)-D101(4)-S179(252)
・無補正A252ガブリアスのストーンエッジ高乱数耐え。(93.7%)
・無補正C252ラティオスの流星群高乱数耐え。(93.7%)
・実数値H201D106ガブリアスをめざめるパワー氷で確定1発。
・H252D4カイリューがマルスケ抜きでめざめるパワー氷で高乱数1発。(50%)
・H252D4メタグロスが10万ボルトで確定2発。
・H252D4ハッサムが10万ボルトで確定2発。(61.5%以上のダメージ)
・H252D4ニョロトノが10万ボルトで乱数1発。(56.3%)
・H252D4バンギラスを気合玉で高乱数1発。(93.8%)
・特防特化ナットレイを気合玉で確定2発。

H167(100)-A120(6)-B95(40)-C159(108)-D101(4)-S179(252)
・無補正A252ガブリアスのストーンエッジを乱数耐え。(75%)
・補正有りA252火炎玉ローブシンのドレインパンチ確定3発。

攻撃の6は余りなのでレベル50フラットでは意味ありませんがメモとして記しています。

さて、以下具体的なメモ書きです。

上の配分を基本として考察します。下は少しでも火力を上げようという配分です。25%の確率で何も出来ずに死ぬというのが嫌であんまり考えませんでしたが、無天候雷の命中が信用出来るようになったらこの配分を使おうと思います。

説明するまでも無く、110族、というかラティオス・ラティアスとかいうのを考えた時に、素早さが下回っていると話にならないのでS252は確定です。中にはスカーフラティオスとかいうのもいますが、スカーフラティオスの流星群は高乱数で耐えてとんぼ返りを撃つことが出来ます。その後、命の珠のダメージでゲロを吐きながら死ぬ事が出来ます。まぁ、実際コイツがラティオスに先制されて流星群で落とされる、若しくは流星群+珠ダメージでおっ死ぬということは、9割9分は向こうがスカーフということですので、特攻の2段階下がり尚且つとんぼ返りのダメージが入ったスカーフラティオスが場に残るということになって、後続が有利に動けるということですのでここは良しとします。ちなみに命の珠を持つ事によって、H4振りラティオスであればとんぼ返りで最低でも6割以上のダメージが見込めますし、H252B4振りのラティアス相手であっても5割前後(45.9%~54%)のダメージが見込めることになります。先制の爪ラティオスとかいう頭の悪いモンスターに先制されるとかいうクソみたいなケースは想定しません。それはもう私の負けでいいです。

さて、耐久面にガブリアスのストーンエッジを意識して多めに割いた分、特攻が若干心元無くなっていて、帯では件の201ガブリアスを確定1発にすることすら出来ないため、思い切って命の珠を持たせよう、というのが今回の考えです。珠を持つ事によって、この特攻でも201ガブリアスをキッチリ確定1発にすることが出来ます。耐久面としても、無補正A252ガブリアスのストーンエッジを高乱数(96.7%)で耐えることが出来、その後目覚めるパワーで返り討ちにする事が可能です。その後の命の珠のダメージでこちらのボルトロスも天に召されてしまうというリスクはありますが、こちらのボルトロスが「ぐえー」とか情けない声を上げて死んだ後、向こうにめっちゃ素早いスカーフガブリアスとかいう、化物染みた性能のポケモンが無傷で残ってしまうことの方がどう考えてもバトル全体を見渡した時にリスキーであることは間違い無いので、それをなんとかするための調整、ということになります。攻撃補正A252ガブリアスのストーンエッジは乱数1発で、50%ぐらいの確率で耐えるか、死ぬか、なので確実ではありませんが、少なくとも「対ガブリアス」という点に置いて、無限に存在するあの細マッチョドラゴンの可能性をあまり真剣に考えなくて良く、とりあえずめざめるパワー氷を撃っておけばいいみたいな所は結構いい所だと思います。

防御に関してもう一つ。ガブリアスのストーンエッジ以外にも、火炎玉発動後のローブシンのドレインパンチが確3発になりますので、10万ボルトでそれなりに応戦することが可能です。H252D4のローブシンに対して10万ボルトで最低6割のダメージが期待できるため、向こうのドレインパンチ回復量を考えても十二分に勝つ事が出来ます。ただ、こちらが命の珠を持っている都合上、後出しからだと、マッハパンチ込みで押し切られてしまう可能性があるので注意が必要です。ですが、このように10万ボルトで等倍の相手に対しても与えるダメージが増すのは命の珠を持つことによる強みなので覚えておいて損は無いかと思います。相性のいいハッサムなんかにも出して行けるので、防御に少し多めに振る意味は十二分にあると思います。

と、ここまで書いて、聡明な皆さんは、というか聡明でない家畜ですら、せっかく多めに振った耐久が命の珠のせいで少しずつ残念なことになって行くのにお気付きになって、非常に悲しい気分になられたと思います。私としてもそれは非常に悲しくて、涙とか尿とか色々出て来る試合もあると思いますが、コイツの主な仕事は決して「後出しで受ける」ことでは無くて、「タイマンでキッチリ勝つ」ことだと考えていますので、そういう意味では仕事を果たすための調整、ということでここは一つ割り切って使ってみようと思います。

最後、技に関してですが、せっかく命の珠を持たせたので、威力の上昇したとんぼ返りはかなり持たせておきたい技です。これをビシバシ敵に当てて、相手にダメージとストレスを与えていきたいと考えています。なので、選択の枠は気合玉の所になると思います。やはり悪戯心とかいうアホみたいな特性は魅力的で、電磁波を撒くことによって後続を有利に動かせたり、どうしようも無い時にワンチャン作ったり出来るのは非常に魅力的ですが、今度はバンギラスやナットレイ相手に「ひええええ」と言いつつとんぼ返りで逃げなければならないという残念なことになってしまいます。バンギラスは防御にあまり振っていないのであれば3割ぐらいのダメージは見込めるのでいいとして、特防特化ナットレイはめざめるパワー氷で乱数6発とかいう化物の上、残り4だけを防御に振ったナットレイに対してとんぼがえりで逃げた際、向こうに与えられるダメージは31~38でありながら、こちらは向こうの鉄の棘と命の珠で32のダメージを負って逃げるというなんとも無様な結果になってしまいますので、この辺は実際に使ってみて見極める形になると思います。

と、いうわけで、長々と自分用の備忘録として書き連ねてきたこの記事ですが、そろそろSSS4というスーパーサンシャイン神様ツールが目覚めるパワー氷ボルトロスの検索を終える頃だと思いますので、この辺で終わりです。よーし、こうやってどんどんポケモンの事考えて、オラ、ポケモンマスターになるド!(親にそろそろゲームばっかりするのをやめろというニュアンスの言葉を言われ続けて、来年で15年目になります)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。